本校について
ヨガインストラクター取得講座
トップinformation>東京校 スクール紹介
AYA BODY ARCHITECRYEが選ばれるポイント!
  • 入学の申し込み
  • 講座スケジュール
  • 問い合わせ
  • デイリーヨガレッスンスケジュール
  • プレス
  • 2018.09.26 update
  • 学校の手引き
  • 求人募集

学校案内
在学生へのお知らせ
全米ヨガアライアンス とは?

ヨガアライアンス(RYT200)のオンライン登録手順

AYA BODY ARCHITECRYE公式facebook

デイリーヨガレッスン

<東京校>
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目7-5
麹町ロイヤルマンション1001
・各線四谷駅徒歩5分
・有楽町線麹町駅徒歩2分

<神戸校>
〒650-0027
神戸市中央区中町通2丁目2-17
武田ビル5F

<名古屋校>
〒451-0042
名古屋市西区那古野1丁目15-18
那古野ビル南館2F211号

<福岡校> 〒815-0082
福岡市南区大楠1-31-19
パシフィックモナーク202

■福岡校申し込み特典■

東京校 スクール紹介
東京校
Aya Body Architecture 東京校


Aya Body Architecture 東京校 アクセスマップ

全米ヨガアライアンス全4資格一貫認定校 Aya Body Architecture 東京校

〒102-0083 東京都千代田区麹町四丁目7番地5号 麹町ロイヤルマンション1001号室

 

(JR中央線・丸ノ内線・南北線)
麹町側の出口より新宿通り(上智大学側)東南(皇居・半蔵門方面)へ徒歩5分。

(有楽町線)
麹町駅の1・2番出口から新宿通りを西北(JR四ツ谷駅方面)へ徒歩2分。

(半蔵門線)
半蔵門線半蔵門駅から新宿通りを各線四ツ谷駅方面に徒歩6分。

(見つけ方のポイント)
1階にお寿司やさんとお惣菜屋さんがあるビルです。
飲食店は土日がお休みの場合があり、看板の掲示がない場合があります。

開講時間


RYT200・300・500 9 時~ 17 時(土・日) 18 時~ 21 時半(木)
10 時~13時半(火・水) ※水は予約制
RPYT 17 時~ 20 時(日) 14 時~ 17 時(水)
RCYT 17 時~ 20 時(土)13 時~ 16 時(金)



講座料金について


全米ヨガアライアンス500時間インストラクター養成講座 [RYT500]
東京校 1,000,000円(税抜)
全米ヨガアライアンス300時間インストラクター養成講座 [RYS300]
東京校 600,000円(税抜)
全米ヨガアライアンス200時間インストラクター養成講座 [RYT200]
東京校 400,000円(税抜)
全米ヨガアライアンスマタニティヨガインストラクター養成講座 [RPYT] 85時間
東京校 220,000円(税抜)
全米ヨガアライアンスキッズヨガインストラクター養成講座 [RCYT] 95時間
東京校 230,000円(税抜)

ただ今開催中キャンペーン!!
RCYTとRPYTの ペア割引き!
RCYT 二人で23万円(一人で11,5万円(税抜))※分割は最大10分割
RPYT二人で22万円 (一人で11万円(税抜)) ※分割は最大10分割
詳しくはこちら →ペア割引き!キャンペーン
月額分割キャンペーン
<RYT200資格講座>
東京校・・・月々12,000円(税込)の36回払い。

<RPYTマタニティヨガ資格講座> 月々6,600円(税込)の36回払い。
<RCYTキッズヨガ資格講座> 月々6,900円(税込)の36回払い。
詳しくはこちら →月額分割キャンペーン
RYT500割引き
RYT500申し込みの方は80,000円(税込)割引適用!
※神戸校は76,000円(税込)となります。
詳しくはこちら →RYT500割引きキャンペーン
他スクール単位の引き取り可能です!
全米ヨガアライアンス認定校で受けたヨガのレッスンを、実技として最大10単位まで適用いたします!

VOICE / 卒業生や在校生の声


★東京校 みわこさん
アヤボディではいろんな人と出会えて、それぞれのタイプや体に合わせていろんな指導法があるんだなぁって分かった。講座を受ける前まではホットヨガに通っていたけど、養成講座で学び始めてからは、いつものレッスンでの感じ方がまるで違ってた。骨格や筋肉を意識し始めてからは、辛かったポーズが楽に決まるようになってびっくり。解剖学を勉強してからはヨガが10倍楽しくなった。

みんなおいでよ東京校
形だけの練習ではありません
アヤボディアーキテクチャーはヨガの教室ではありません。
一般的なヨガ教室では、ポスチャー(形)を練習します。そのために鏡が必要だったりするわけですが、私たちの教室には鏡はありません。では、ポスチャー(ポーズ)をどのように見極めるのか。

養成講座では、正確かつ効果的なアライメント(調整)の取り方を学びます。ポーズ(形)ではないのです。各々の体にあったアライメント(調整)を習得します。
これには知識と経験が必要です。知識の分野では、解剖学的な運動理論が役に立ちます。例えば、「股関節の作りはこういう形だから、こうやって動かすと怪我をしない。」というように。この動作を実際にやってみながら、正しい動きを体で覚えていくのです。

調整を学ぶときに鏡は邪魔になります。目で見るのではなく内観する力が重要。特にヨガは、見た目(外観)ではわからないテクニックを多用します。呼吸法やインナーマッスルの使い分けなどです。こういったプロフェッショナルなテクニックを使っていくことで、安全で効果的なヨガができるようになるのです。
形だけの練習していると、腰や膝、手首を痛めてしまう危険性があります。養成講座はヨガの本質を理解し、知的にヨガをプラクティスするところです。 東京校の先生は丁寧な指導が特徴です。先生からは「伝えたいことがありすぎて時間が足りない」という声をよく聞きます。それだけ知識の豊富な先生なのですが、詰込み型ではないので、しっかり生徒とキャッチボールをしながら授業が進んでいきます。


スピリチュアルと科学が結び付くのがヨガ
ヨガには、医学的・解剖学的に理解する動き(身体)の部分と、自分の感情や精神を律する哲学の部分、感情ではない深いリラックス(脳科学)の部分が存在します。
一部分だけをピックアップすればとても体育的にも見え、また一部分をピックアップすればスピリチュアルな世界と取られてしまう。
ヨガはこれらのどれか1つだけで語ることができないので、教える側として難しいと感じるところです。

しかし、カリキュラムはすべてのバランスをとるように構成されています。カリキュラムのチョイスは自由ですが、できれば満遍なく受けてほしいと思います。
医学的な要素も多いヨガの勉強ですが、暗記は必要ないので安心してください。身体と頭で積極的に授業に取り組んでもらえれば十分です。
東京校の人気のビジネス講座を紹介しておきます。アーユルヴェーダアドバイザー講座、シニアヨガインストラクター養成講座は不同の人気。
どちらも3時間半の授業を5回受けることでディプロマが得られます。

アーユルヴェーダアドバイザー講座では、yoginiでコラムも担当しているかずや先生直伝の調理実習があったり、シニアヨガインストラクター養成講座では、高齢者施設での校外学習があったりもします。 実践を経験することで日々の生活に生かすことができます。授業で実践を体験した方がインストラクターとして活躍されるケースが増えています。