本校について
ヨガインストラクター取得講座
トップヨガビジネス>全米ヨガアライアンス申請サポート講座
AYA BODY ARCHITECRYEが選ばれるポイント!
  • 入学の申し込み
  • 講座スケジュール
  • 問い合わせ
  • デイリーヨガレッスンスケジュール
  • プレス
  • 2018.07.31 update
  • 学校の手引き
  • 求人募集

学校案内
在学生へのお知らせ
全米ヨガアライアンス とは?

ヨガアライアンス(RYT200)のオンライン登録手順

AYA BODY ARCHITECRYE公式facebook

デイリーヨガレッスン

<東京校>
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目7-5
麹町ロイヤルマンション1001
・各線四谷駅徒歩5分
・有楽町線麹町駅徒歩2分

<神戸校>
〒650-0027
神戸市中央区中町通2丁目2-17
武田ビル5F

<名古屋校>
〒451-0042
名古屋市西区那古野1丁目15-18
那古野ビル南館2F211号

<福岡校> 〒815-0082
福岡市南区大楠1-31-19
パシフィックモナーク202

■福岡校申し込み特典■

全米ヨガアライアンス申請サポート講座

カリキュラム
3.5時間、1日限りの講座です。
※完全予約制となっております。事前にお問い合わせください。
こんな人に受けてほしい
・RYT200やRYT500、RPYTやRCYTを受けている人。
・RYT200やRYT500、RPYTやRCYTを受け終わった人。
・RYT200やRYT500、RPYTやRCYTの登録が出来ていない人。
・RYT200やRYT500、RPYTやRCYTの更新をしたい人。
・全米ヨガアライアンスのメンバーになりたい人。
・他校で講座を修了したが、登録・更新できていない人。
充実のサポート体勢
全米ヨガアライアンスの新規登録や更新手続きを、講座の時間内に完了させることが出来ます。家に帰って手引きを見ながら自分で登録する手間がいりません。全米ヨガアライアンスの英語のウェブサイトで自分のアカウントを作って、資格取得の申請をするのは大変です。実は、資格講座は終了したのに、登録が出来ない人がたくさんいるのです。また、更新方法が分からず、手続きを断念している人も少なくありません。この講座では、新規登録や更新の手続きを詳しく説明し、そのマニュアルを持ち帰れます。また、希望者は講座中にパソコンを使って登録まで出来てしまいます。講座を受けておけば、今後の登録や更新時にも役立つでしょう。
当校だから出来ること
当校では、全米ヨガアライアンスの登録や更新方法についての授業をRYT講座内で行ってきました。それでも講座卒業後、「登録の途中で断念した」「途中までしかわからない」など、登録のサポートを求める声があり、「講座の中で登録が完了できれば良いのでは」「申請自体を行う講座を設けては」と、全米ヨガアライアンス申請サポート講座が生まれました。全米ヨガアライアンスのサイトでよくある問題として、アカウントが重複されていて、パスワードや登録のメールアドレスが分からなくなってしまった、や、二重申請や、更新期間切れ、などが頻繁におこります。しかし、尋ねる相手がいません。全米ヨガアライアンス(団体)に直接聞けば良いのですが、そうなると英語でメールをするか、電話をかけなければいけません。当校は、長年の経験からヨガアライアンスの特徴を熟知しています。 申請には、登録校であるアヤボディアーキテクチャーが卒業生の申請を承認しなければ、全米ヨガアライアンスは申請を受理できません。そこで、当校は講座時間内に申請を出し、その時点で卒業生を承認し、出来る限り手間をかけず、確実に登録が出来る体制を整えます。
この講座がなかったら
ヨガアライアンスのサイトを開き、ダッシュボードを新規作成するところから自分で始めなければいけません。また、重要なお知らせが英語のメールで届くので、慎重に確認しなければ、更新時期などを逃してしまいます。登録には、全米ヨガアライアンスに支払う料金も発生します。講座内では、支払方法についても説明を聞けるので(登録まで行うこともできる)安心です。
宣伝まで出来てしまう
みなさんがヨガアライアンスの講座を受けているのなら、(また受けようと考えている人も)全米ヨガアライアンスの申請方法や、登録の仕方、ヨガアライアンスのサイトを使ったPRの方法を今から勉強しておくと良いでしょう。あなたがインストラクターである証は、全米ヨガアライアンスのサイトから検索できます。日本―東京都―ハタヨガというように、検索していくと、それに合ったインストラクターがヒットするようになっているのです。ということは、インストラクターを探している人も見ているということ、です。全米ヨガアライアンスのサイトをうまく活用し、活躍の場を広げるといった方法もありますね。