RPYT講座

RPYT

RPYT講座

授業の取り方

私たちのRPYT講座では、85 時間を実技と座学によってバランス良く学びます。

1 クラスは 3 時間ですが、その中で実技としてポーズやレッスンがあり、また座学として医学や専門知識を学びます。

必須受講回数は 25 回です。
25 単位を超えるクラスを受講の際は、別途受講料が必要です。

頭と体をバランス良く使うので、クラスを終えた後はとても充実しています。

マタニティヨガ RPYT [ 必須受講回数 25 単位 ]
選択できる講座 [ 講座名をクリックすると詳細へ移ります ]
RYT 基礎 マタニティ
25 単位
キッズ
28 単位
イベント
単位はありません
実技
24 単位
座学
24 単位
ヨガビジネス
アーユルヴェーダ
5 単位
シニアヨガ
5 単位
フィジカル
5 単位
自然療法
アドバイザー
5 単位
アシュタンガ
ビンヤサヨガ
5 単位
自然食
コーディネーター
5 単位

指導経験ができる

私たちの学校では、一般の人に教える経験が、どんなことよりも勉強になると考えています。

そのため、クラスによっては一般の妊婦さんを呼び、一緒にマタニティヨガのレッスンを受けたり、私たち在校生が教えてみるといった時間を設けています。

女性学として

私たちのRPYT講座では、「マタニティヨガ」の枠を外し、幅広く「女性」について学びます。

女性の「性」の仕組みや、出産前後の人生について真剣に取り組みます。
女性ならではの悩みや症状、体やこころのケアを学び、人生の節目や困難を乗り切る方法を見出しましょう。

妊娠と出産、産後を重点的に、専門的な知識やヨガのテクニックを修得します。

自分の将来のために学ぶ、妻のために学ぶ、
職場で生かすため、と受講理由もさまざまです。

妊娠中に受けられる

私たちの講座は、自己責任のもと健康な妊婦さんも受けることが出来ます。

今学んでいることが自分の妊娠経験に生かせる最大のチャンスであると考えています。

「RPYTのおかげで安産だったよ」
「出産時のこつがつかめた」など、講座と共に妊娠を経験した生徒さんも少なくありません。

年齢や性別を問わず、「女性学」を学ぶことは性差を理解し、尊重しあうことだと考えています。

School

AYA BODY ARCHITECTUREは東京校、神戸校、名古屋校、福岡校の4校で授業を行っています。
開講する日の期間を設定せず、年間カレンダーに沿って開講していますので、通える日に自由に参加してもらうスタイルです。
予約のいらない日が多く、「思い立ったらすぐ教室へ!!」という事が出来ますので、皆様のスケジュールに合わせて、受講を進めていただけます。

Videos

動画で見る学校紹介

「授業はどんな感じ?」「先生は?」「初心者でも大丈夫?」など、学校紹介動画を見れば不安が解消します。
少人数制で、テーマごとに、みんなのアイデアを持ち寄って進めていく授業は、”講義”ではなく、まさに”研究”です。
だから、二回として同じ授業は出来ない。二回として同じ答えは出ないんです。私たちは個性を尊重し、個性を伸ばす授業をしています。
実際の授業の様子や、講師先生のコメントを動画にしました。

About

AYA BODY ARCHITECTUREは、国際的なヨガ資格発行団体である「全米ヨガアライアンス」の正式認定校。インストラクター養成機関のパイオニアです。
日常に取り入れてもらうためのレッスンから資格取得まで、ヨガに関してあらゆる面でサポートいたします。

CONTACT

お気軽にアヤボディーまでお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 平日 9:00~19:00 ※土日祝を除く