本校について
ヨガインストラクター取得講座
トップ>スクーリング:受講について
入学の申し込み
講座スケジュール
問い合わせ
デイリーヨガレッスンスケジュール
プレス
学校の手引き
学校案内
在学生へのお知らせ






<東京校>
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目7番地5号麹町ロイヤルマンション1001号室
各線四谷駅徒歩5分
有楽町線麹町駅徒歩2分

<神戸校>
〒650-0027
神戸市中央区中町通2 丁目2-17 武田ビル5F

<名古屋校>
〒451-0042
名古屋市西区那古野一丁目15番18号 那古野ビル南館2F211号

受講について
学校のルールを簡単にご説明しましょう
詳しくは入学後に「学校の手引き」をご覧ください。
年中スタート、年中卒業できる
入学がいつと決まっているわけではありません。
入学申込みをすれば、すぐに受講が開始できます。必要な単位を取り終えれば卒業です。 人によって始めたい時期も違えば、授業に参加できる頻度も違います。 (在校生数によっては卒業生を待ち入学申込みの受付を行う場合がありますので、入学お申し込み時に残席をお問い合わせください。)
予約なしで参加
受講期間は3年間あり、予約をせずに自由に授業に参加できます。(各講座の初回受講日には教材を配布しますので、初回受講日はご予約ください。)
取得できる資格
全米ヨガアライアンス認定資格である、RYT200RYT500が取得できます。
その他、RYTのスペシャリティ資格(※)である、RPYTRCYTが取得できます。
また、アヤボディアーキテクチャー認定資格も各種取得できます。

(※)スペシャリティ資格を全米ヨガアイアンスに申請する際には、RYT200かRYT500が必要です。同時に申請しても構いません。
選択科目
受けたいカリキュラムを選んで、必須単位数を満たすことでディプロマが得られます。カリキュラムは、申し込みをした講座の中から選択できます。
単位の数え方
RYTやヨガビジネス講座は、3時間半を1単位と数えます。RPYTやRCYTは3時間を1単位と数えます。
カリキュラムでは、DAYを1単位と見なします。
必須単位
各講座によって卒業(ディプロマ発行)に必要な必須単位が異なります。必須単位を超える場合は別途授業料が必要です。
例えばRYT500は111単位が必要です。111単位内で好きな講座を選べます。
→多様な受講パターンや組み合わせ
追加とアップグレード
講座の途中、または修了後に別の講座を追加することが出来ます。単位は無駄なく全て積算されます。例えばRYT200からRYT500へのアップグレードは、受講料の差額分だけで変更することが出来ます。
1授業から
どの講座も1授業単位で申し込みが出来ます。興味があるカリキュラムを単発で申し込むことが出来ます。
カリキュラム表の見方(DAY)
それぞれの講座にカリキュラムがあります。カリキュラム表を見ると、DAY1というように数字がついています。
しかしDAY1に入学する必要はありませんし、数字順に受けていく必要性もありません。各講座の必須単位だけ満たせば良いのです。
スケジュールの見方
「いつ、どんな授業をしているか」は、事前に開講スケジュールを確認してください。
○月○日にカーソルを合わせると小窓が開き、講座の種類とカリキュラム(DAY数)や開催時間が表示されます。
(DAY別の授業内容はカリキュラムを確認してください。)
まれにスケジュールが変更になる場合もありますので、授業直前にもご確認ください。
初回受講日
講座を初めて受ける時は、3営業日前までに初回受講日を予約してください。予約の際に受講許可証を発行しますのでこれを持参し、開講時間の10分間を目安に登校してください。
持ち物
実技の授業(1)では、ヨガマット・ベルト・ブロック・教材・単位認定用紙が必要です。
座学の授業(2)では、ヨガマット・教材・単位認定用紙が必要です。
RPYTやRCYTは、(1)の持ち物が必要です。ヨガビジネス講座は、内容によって持ち物が異なります。
※ヨガマットやベルトやブロックは有料レンタルもあります。販売はしていません。
遅刻や早退
初回を除き、授業に参加するための予約は必要ありません。
授業の出入りが自由なので、遅刻や早退が出来ます。
単位は 10分ごとにカウントしますので、20分遅刻の人と 10分遅刻の人は同じ「マイナス 30 分」になります。
受講証明紙に「マイナス 30分」と記入します。
卒業試験
RYTやRPYTやRCYTでは実技の試験があります。卒業率98%です。2%は途中で退学された方です。
補講制度
・補講の活用
数か月に1度、補講日を設けています。参加する人は単位取る・取らないが選べます。自由参加型の授業です。生徒はやりたいことがなんでも出来る&講師がサポートする、これが補講です。積極的な参加によってヨガの取得がグンと進みます。

・卒業後も補講受け放題
卒業して学校に来なくなるとモチベーションを失い、孤独感や不安を感じることがあります。そんな卒業生に補講に戻ってきてもらい、ヨガから遠ざからない生活を維持してほしいと考えています。(2015年1月~制度終了まで開催。卒業生は、IDカードか単位認定用紙かディプロマを持参してください。受講期間3年超過の方は補講での単位はとれません。)
ディプロマ
ディプロマを得るには、各講座の必須単位を満たし、卒業試験や課題を提出(講座による)する必要があります。
全米ヨガアライアンスの資格申請
ディプロマを得たら、全米ヨガアライアンスに資格取得の申請を行います。申請方法は、ヨガアライアンスのウェブサイトから行います。資格申請は、ヨガアライアンスのメンバーになることを意味しますので、ヨガアライアンスに登録料(1万円程度)を支払います。
全米ヨガアライアンス資格申請サポート
RYT200の座学DAY24では、ヨガアライアンスの申請や更新方法を学びます。
当校のウェブサイトにもヨガアライアンス申請のサポートができます。
お子様の同伴
RPYTでは、ベビーヨガや産後ヨガも学ぶため、はいはいをするまでのあかちゃんと一緒に受けることが出来ます。
RCYTは、小学生までのお子様と一緒に参加することが出来ます。
お子様には、知育・運動に有効なキッズヨガを提供し、大人はインストラクターとしての知識や技術を得ることが出来ます。
お金のこと
・授業料
基本的に授業料以外にかかることはありません。
授業料の中に教材費や補講代が含まれています。ただし、3年の受講期間を延長する場合には延長料金がかかります。
→授業料について詳細

・分割払い
授業料は分割払いが出来ます。最大で36分割が出来ます。
(例:RYT200だと月々12,000円の36分割が出来ます。)(全額支払い終えるまでディプロマは出ません。)
→分割払いについて詳細

・講座アップグレード
講座のアップグレードは受講料の差額分だけで変更することが出来ます。
転勤・引っ越しに対応
国内の3校、神戸校・名古屋校・東京校で受講することが出来ます。