本校について
ヨガインストラクター取得講座
トップ>RYT500とは?
入学の申し込み
講座スケジュール
問い合わせ
デイリーヨガレッスンスケジュール
プレス
学校の手引き
学校案内
在学生へのお知らせ






<東京校>
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目7番地5号麹町ロイヤルマンション1001号室
各線四谷駅徒歩5分
有楽町線麹町駅徒歩2分

<神戸校>
〒650-0027
神戸市中央区中町通2 丁目2-17 武田ビル5F

<名古屋校>
〒451-0042
名古屋市西区那古野一丁目15番18号 那古野ビル南館2F211号

RYT500ヨガインストラクター養成講座
カリキュラム
講師紹介
紹介ページ準備中
こんな人に受けてほしい
・ヨガ初心者
・ヨガの基礎から応用を一から学びたい
・ヨガインストラクターを目指す人
・最短で最上級資格を取りたい人
・ヨガの智識や技術を深めたい人
・ヨガ教室を始めたい人
・いろんな資格を取りたい人
・自分を変えたい人
・健康管理をしたい人
・スポーツインストラクターの人
・健康指導をしている人
・経営者
・ヨガスタジオに通っている人
・インストラクターだけで食べていきたい人
・プロフェッショナルなスキルを身に着けたい人
・インストラクターの育成がしたい人
・アスリート
・独立開業したい人
・進路に迷っている人
・専業主婦
・学生さん
・会社の新事業として
・ダンサー
・医療関係者
・性別・年齢・経験不問
・家族、子供、妊婦、乳幼児、高齢者にヨガを教えたい人
無資格から一気にRYT500へ昇進
当校のRYT500は、全カリキュラムから111単位(111回=380時間~388時間程度)の授業を同時に選択できます。※補講を選択するとさらに時間数が増えます。全カリキュラムとは、RYT200、RPYTマタニティヨガ、RCYTキッズヨガといった、全米ヨガアライアンス資格が取れる講座や、シニアヨガインストラクター、アーユルヴェーダアドバイザー、フィジカルトレーニングインストラクター、自然食コーディネータ、アシュタンガヨガインストラクター、全米ヨガアライアンス申請サポート、集客術講座など、ヨガをビジネスにするためのスキルを得る「ヨガビジネス講座」から選べます。

当校のRYT500は基本的に、RYT200(基礎)を終えていない人が対象です。短期間で一気にRY200の基礎から応用(プロフェッショナル)であるRYT500までステップアップを狙います。ここで問題となるのは、どの授業から始めてどの専門へ進路をすすめていけばいいのかです。選ぶ授業の順番は個人に任せていますが、RYT200のカリキュラムは、一巡するように実技・座学共に選択しておいた方が良いでしょう。

RYT200講座の説明

当校のRYT500講座では、一般の人に教える経験(アシスタント等)ができ、指導能力を高め、指導の経験を積むことが出来ます。知識の面では、伝統医学や女性の医学など(一例)を学ぶので、ヨガの信ぴょう性が増します。豊富な知識と経験は、インストラクターとしての自信につながります。

さらに自分は“どの分野が好きか、向いているか、知りたいのか”を追求できる講座を準備しています。“解剖学を深めたい”“子供にヨガを教えたい”など、特化した分野を学ぶことが出来ます。そして当校では、ヨガを仕事にするためのスキルを身に着けます。ここでは指導できることだけがスキルではありません。職を手にするためには、採用試験に合格する必要があります。採用試験で重要になるのは、指導経験(=場数)です。授業では、一般者や受講生を生徒に見立て、指導の練習を積みます。卒業時には、経験豊富なインストラクターとして物怖じすることなく、的確に指導できるスキルが身についています。さらに開業する人やフリーランスのインストラクターになるためには、“売り出す能力(経営力)”が必要になってきます。RYT500のカリキュラムには、ヨガをビジネス(ヨガビジネス講座)にできる講座が揃っており、自己開発や集客法を学ぶ授業もあります。まとめると、ヨガで生活をしたい人や、現役インストラクターが、どうしても受けたい講座が全部揃っているという、ヨガ関係者にはありがたい講座なのです。
当校の強み 複数の資格
当校のRYT500を選ぶと、RYT500だけではなく、RPYT(マタニティヨガインストラクター資格)やRCYT(キッズヨガインストラクター資格)やヨガビジネス講座の各資格が取得できるメリットがあります。(追加料金はありません。)RPYTやRCYTは、全米ヨガアライアンスが認定している資格であり、RYT者のためのスペシャリティ資格なのです。当校のRYT500では、各資格の必須単位を満たせばディプロマが発行されます。このように、私たちの学校は、日本で始めてRYT500のパッケージ化(同時複数資格取得)に取り組んでいます。

RYT500講座は、学校によってカリキュラムが違います。多くの学校のRYT500では、RYT200の上級レベルの授業を行います。しかし、私たちの学校では、RYT200のカリキュラム(ヨガの基礎・座学と実技)と、そこから専門性を高める、いわば、大学院的な授業を準備しています。それは、RYT500を取得する人には、ヨガインストラクターとして万人に教えられる知識と技術を得てほしいと考えているからです。RYT200講座では、“大人・一般人”を対象に指導のノウハウを学びます。これでは、子供や高齢者には教えることが出来ません。当校のRYT500は、ベビーヨガ、マタニティヨガ、産後ヨガ、キッズヨガ、ファミリーヨガ、シニアヨガなど、全年齢を対象として指導できる技術(資格取得)が身に付きます。これは、インストラクターとしての活躍の場を広げ、敷いては仕事(収入)を増やすことにつながります。
一流者がRYT500を取得するわけ
RYT200の登録者はその数650人に及びます。しかしRYT500はと言うと、100人に届きません。今からRYT500を登録すると、なんと国内77人目の登録者になれるのです。(2015年10月1日現在)RYT500の希少価値について説明しましょう。ヨガの仕事を得るために、オーディションや面接を受けるとします。履歴書や職務経歴書が必要になりますね。履歴書の資格欄にRYT500と書けると、一目瞭然に400~500時間の専門教育を受け、さらには100時間程度の指導経験がある、と証明できます。同じようにRYT200と書くと、200時間の専門授業を受けたのだな、と推測されます。そこには、指導経験を含んでいません。RYT500は、インストラクター(指導者)としてのレベル(経験)が格段に上だ、ということを証明できるのです。事実、RYT500者は、就職率や開業率が上がります。
生きていく力をつける
今から始めると早い人で数か月後から半年、ゆっくり人で1年~3年でRYT500を含む各種資格が取得できます。(受講猶予が3年あるため。)在学中からヨガの仕事を始める人もいれば、活動の幅を広げる人もいます。資格は更新さえしていれば執行することがないので、今すぐインストラクターにならない場合でも、いざというときに使えます。特に、RYT500のカリキュラムは、ヨガだけではなく「健康」「美容」「医療」「介護」「幼児児童教育」「妊産婦」といったカテゴリから教養を高めることができ、ライフスタイルやお仕事に生かすことが出来ます。知識や教養は、人生を豊かにしてくれます。そして自信は、未来を切り開く原動力になります。RYT500は一からビジネススキルを身に着け、人間性を高める、人材育成の講座なのです。