本校について
ヨガインストラクター取得講座
トップ>フィジカル
入学の申し込み
講座スケジュール
問い合わせ
デイリーヨガレッスンスケジュール
プレス
学校の手引き
学校案内
在学生へのお知らせ






<東京校>
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目7番地5号麹町ロイヤルマンション1001号室
各線四谷駅徒歩5分
有楽町線麹町駅徒歩2分

<神戸校>
〒650-0027
神戸市中央区中町通2 丁目2-17 武田ビル5F

<名古屋校>
〒451-0042
名古屋市西区那古野一丁目15番18号 那古野ビル南館2F211号

<福岡校>
2018年3月3日開講予定
福岡校は現在テナント検討中です。
詳細につきましては2018年1月頃発表予定です。

■福岡校申し込み特典■

フィジカルトレーニングインストラクター
カリキュラム
17.5 時間を実技と座学によってバランス良く学びます。1 クラスは 3.5 時間です。
理論や専門知識を、体を動かす実践において検証していきます。
DAY数は順不同で構いませんが、ディプロマ取得には5回受ける必要があります。

講師紹介
紹介ページ準備中
こんな人に受けてほしい
・運動指導をする人。
・ヨガを効果的に練習したい人。
・ヨガを教えようとしている人。
・プロのアスリート。
・怪我できない仕事の人。
・ボディメーキングをしたい人。
・コンプレックスがある人。
・身体の正しい動かし方を学びたい人。
・運動のパフォーマンスをあげたい人。
・体幹を作りたい人。
・ヨガを今より楽にしたい人。
・ヨガや運動でどこかを痛めた人。
・ゆがみが気になっている人。
・骨盤矯正や姿勢矯正に興味がある人。
・運動不足、肩こり、腰痛など悩みがある人。
フィジカルトレーニングインストラクター とは
解剖学や運動生理学を学び、安全に、かつ効果的に、トレーニングを指導することができるトレーナーを言います。
日常動作や運動時の、正しい身体の使い方を理解するので、スポーツでの怪我や故障を防ぐことが出来ます。
身体の仕組みを総合的に学ぶことで、欲しい箇所のボディメーキングや、トレーニングが可能です。スポーツやヨガで、越えられなかった壁はありませんか。
壁を超えるには、理論や実践値が必要です。
体を熟知するために
この講座は、身体の取扱説明書を学ぶようなもの。
効率的に安全に運動に取り組むことが出来ます。
出来なかったことや苦手な運動の理由が分かります。
怪我をしにくくなります。
インストラクターは、怪我をさせない指導が出来ます。
くびれに効果的な鍛え方は、といった効果別のトレーニングメニューが提案できます。
身体とのコミニケーション力を養います。
細かい筋肉の鍛え方や使い分けが出来るようになり、全身のバランスが取れます。
肩こりや腰痛などが改善します。
姿勢を診断し、アドバイスできるようになります。
ゆがみや偏りを知り、改善法を提案できるようになります。
成長過程の子供の怪我を予防できます。
正しいトレーニング法を身に着けることが出来ます。
理想のボディラインをトレーニングによって作ることが出来ます。
当校だけのメリット
専門用語の暗記は不要。
中学生も楽しめる、わかりやすい授業。
頭で考え、身体で試して理解するので、一生忘れない。
からだや運動が好きになる。
解剖学専門の講師はヨガも教えることが出来る。
解剖学の知識をヨガで使いこなすことが出来る。
座ったままのレクチャーではなく、身体を動かす授業。
少人数制なので、個人の体系に合わせた指導をしてくれる。
運動(ヨガ)時の問題点や課題点をアドバイスしてもらえる。
卒業後は
トレーナーとして指導が出来る。
効率的な身体の使い方が出来るので、疲れにくくなる。
身体の鍛え分けが出来るようになる。
パーソナルトレーナーが出来る。
トレーナーやインストラクターとしてレッスンの安全性が上がる。
体の個性が見極められるようになり、運動のアドバイスが出来るようになる。
お客様の様々な要望に応えるメニューが提案できるようになる。
指導者としての信頼度が上がる。
指導技術が上がる。
身体が変わる。
姿勢や歪みを矯正・スコアアップ
運動時に膝が痛かったが、使い方を学び痛みが解消した。
病院に行く前に怪我を予防(改善)できた。
パフォーマンスを上げるためのトレーニングを実践し、スコアがアップした。
身体が固いことが悩みだったが、練習法によって楽に柔軟性が増した。
生徒さんから「痛みがなかった」「楽になった」と喜びの声をもらった。
アスリート向けのクラスを担当させてもらえるようになった。
男性と女性どちらにも的確に指導ができるようになった。
姿勢やクセによるゆがみを直せるようになった。
ヨガが良い理由がよくわかるようになった。
トレーナーとしての差別化
インストラクターやトレーナーであれば、自分の指導が安全かつ効果的であるという裏付けが必要です。間違った方法やアドバイスを行うと怪我をさせることになりかねません。インストラクターやトレーナーの手ごろな保険はありますが、お客様の怪我についてカバーする保険は高額です。また怪我や事故は、クレームやトラブルの元にもなります。そして、安全だけではなく、人より効果の高い指導(丁寧な指導)を行うと「腕が良い」トレーナとして多くのお客さんに求められるようになります。他の先生よりわかりやすい、頼りになる、親身になってくれる、効く、など差別化が図れます。
トレーニングの質を変える時
練習をしていても効果を感じられないことはありませんか。
思うように痩せないとか、痛みが出て中断した、とか。
正しく動き、効果的に鍛えるコツをつかめば、今までの半分の労力で効果を得ることが出来ます。
現代は、健康や美しさにお金をかける時代です。
フィットネスやジムが増え、日中夜問わずエクササイズができる施設が増えています。
これに比例するように、トレーナーやインストラクターの数も増えています。
では、お客様は、どのジムを選び、どのインストラクターを指名するのでしょうか。
そう、今はまさにインストラクターやトレーナーの質が問われる時代なのです。
お客様が求めているものにベストな提案をするためには、専門の知識や技術の習得が不可欠です。資格だけも教えることは出来ますが、その一歩上をいく、予約のとれないインストラクターを目指しましょう。


座学+実技
授業は、座学と実技を同時に行います。

解剖学や運動生理学の説明があり、
その理解のもとポーズをとるなど動作してみる。

知識を頭にいれておいて、
実践し、体感して、
理解を深めていきます。

専門知識があるのとないのとでは、
動きは大きく異なってきます。

脳の命令によって、
からだの動かし方やパフォーマンスは変わります。

運動指導時に実践できる技や、
効果的なトレーニングのコツを修得しましょう。