本校について
ヨガインストラクター取得講座
トップ>全米ヨガアライアンス とは?
入学の申し込み
講座スケジュール
問い合わせ
デイリーヨガレッスンスケジュール
プレス
学校の手引き
学校案内
在学生へのお知らせ






<東京校>
〒102-0083
東京都千代田区麹町四丁目7番地5号麹町ロイヤルマンション1001号室
各線四谷駅徒歩5分
有楽町線麹町駅徒歩2分

<神戸校>
〒650-0027
神戸市中央区中町通2 丁目2-17 武田ビル5F

<名古屋校>
〒451-0042
名古屋市西区那古野一丁目15番18号 那古野ビル南館2F211号

<福岡校>
2018年3月3日開講予定
福岡校は現在テナント検討中です。
詳細につきましては2018年1月頃発表予定です。

■福岡校申し込み特典■

『全米ヨガアライアンス』とは、90年代にアメリカで設立され、質の高いヨガインストラクターや教育者を養成するためのカリキュラム基準を定めたり、認定ヨガ指導者などの登録を行う団体です。世界でも知名度が高く、『全米ヨガアライアンス』登録インストラクターは日本国内だけでなく、世界各国で通用するスキルを証明されているのです。 当校はそんな『全米ヨガアライアンス』認定校であり、日本で唯一の『全米ヨガアライアンス』が認める資格『RYT500』『RYT200』『RPYT(マタニティヨガ)』『RCYT(キッズヨガ)』の4資格が一括で獲得できるヨガインストラクター養成専門学校です。


ヨガアライアンス公式web(英語):https://www.yogaalliance.org/





全米ヨガアライアンス認定校について

『全米ヨガアライアンス』が認定する資格は2013年11月現在、『RYT500』『RYT200』『RPYT(マタニティヨガ)』『RCYT(キッズヨガ)』の4資格となっております。ヨガアライアンス認定校は、『RYS(registered yoga school)200』『RYS(registered yoga school)500』という認定を受け開講します。他校でもヨガアライアンスの認定校は増えていますが、ヨガアライアンス上級資格である『RYT500』を認定できる学校はまだまだ少なく、さらに『RPYT(マタニティヨガ)』『RCYT(キッズヨガ)』の認定を受けれるのは日本で唯一、当校だけとなっています。

 

 

全米ヨガアライアンスのメリットについて

『全米ヨガアライアンス』は、日本にとどまらず世界で認められたヨガ協会であり、水準の高いインストラクターの養成を目指しています。『RYT500』『RYT200』などを取得されるとヨガアライアンスの国際認定を受けることが可能です。ヨガアライアンス認定インストラクターになるということは、世界でも通用するスキルを得ているという証明になり、確かな信頼ある資格を得て頂くことでヨガインストラクターとしての自信にも繋がります。有資格者は、全世界のスタジオ、教室、フィットネス業界で活躍を伸ばしています。RYTは、ヨガインストラクターを雇用する機関(例:YMCA、フィットネスクラブ、など)に広告普及しており評価機関(病院、健康保険会社、政府機関)に対して信用を証明しています。また、インストラクター採用面接時にも信頼される頼もしい資格です。

 

 

全米ヨガアライアンス認定インストラクター養成指導者(E-RYT)

ヨガアライアンス認定校は、認定を受けた講師がヨガアライアンス規定に従い構成した独自のトレーニングを行います。ですので、全てのヨガアライアンス認定校が同じ講習をしているわけではありません。また、資格を認定するには以下の資格が必要なのです。
 RYT200 を認定するには E-RYT200 という認定が必要
 RYT500 を認定するには E-RYT500という認定が必要
 RPYT を認定するには E-RPYT という認定が必要
 RCYT を認定するには E-RCYT という認定が必要となります。
それは、RYT200/500を取得する以上に難しい規定が設けられています。E-RYT200は、全米ヨガアライアンスのRYT200となって2年以上が経過し、さらに1,000時間以上のヨガの指導経験があることなど、E-RYT500にいたっては、RYT500取得から4年以上経過、さらに2,000時間のヨガを教える経験を有する者など厳しい基準が設けられています。 当校AYA BODY ARCHITECTURE 代表はその全てを取得し認定されております。確かな指導者のもとでヨガインストラクターとしての道を開いていただけます。

 

 

『RYS』と『RYT』の違いについて

よく、ヨガアライアンス認定校の中でも『RYS』と『RYT』など見られると思われます。
これは、ヨガアライアンス認定校の呼び名を『RYS(Registered Yoga School)』と呼び、ヨガアライアンス資格の名前は『RYT(Registered Yoga Teacher)』と呼んでいます。ですので、講習名は『RYS』、資格名は『RYT』となります。